MENU

思春期ニキビができる原因は

思春期ニキビの主な原因はホルモンの影響により皮脂腺が刺激され、皮脂分泌が活発になるのが原因です。 そのため、皮脂腺の多いTゾーンと言われる部分にニキビが発生しやすいことが特徴です。 思春期に皮脂分泌が活発になるのは第二次性徴に伴ってホルモンバランスが変化することが関係しています。 この時期は男性ホルモンの分泌量が急激に増えることで皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を促してしまうのです。

また他にもストレスや睡眠不足、偏った食生活や紫外線などはホルモンバランスを崩す原因となり、ニキビができやすくなるので注意が必要です。 予防としてまず有効なのは紫外線対策です。 紫外線のダメージはニキビ跡の原因になるため、積極的に行っていきましょう。 市販の日焼け止めなどを購入し、鞄に常備するなどして定期的に塗り直しておきましょう。 ニキビ化粧水

また、タンパク質とビタミン類を積極的に摂る食生活を心がけましょう。 タンパク質は肌のターンオーバーを促進させ、ビタミンは美容に良い成分として有名です。 脂身の多い肉や炭水化物の摂り過ぎは皮脂分泌を活性化させる原因となるので注意しましょう。

思春期ニキビのケア方法

思春期ニキビは、身体を作るための成長ホルモンが皮脂腺を刺激して皮脂が過剰に分泌されることから起こります。 過剰に分泌された皮脂は毛穴の詰りを引き起こし、アクネ菌が繁殖することによってニキビができやすくなります。 一部に起こる大人ニキビと違い、思春期ニキビは顔全体に広がります。

思春期ニキビの対策には朝晩の洗顔と保湿が大切です。 寝ている間に成長ホルモンは分泌されるため、朝は過剰に分泌された皮脂を洗い流します。 夜は昼間の汚れを洗い落とし細菌の繁殖を防ぎます。 刺激の少ない無添加の洗顔料で、泡で洗うように優しく撫でるように洗います。 強くこするのは刺激を与え悪化の原因になります。 洗顔後は、保湿クリームで保湿するようにしましょう。

また、規則正しい生活も重要なポイントです。 充分な睡眠は肌の新陳代謝を促すことになります。 栄養バランスの取れた食事も身体の新陳代謝を促進して肌の改善にもつながります。 とくに、タンパク質やビタミン類は多く摂るようにしましょう。

そして、紫外線対策として、日焼け止めクリームを使いましょう。 後々のニキビ跡の予防にもなります。

大人ニキビを治す方法|おすすめスキンケア化粧品

思春期ニキビの解消におすすめのコスメとは

思春期ニキビは、成長期の数年間だけのもので、自然に治まるものです。 しかし、たとえ治まったとしても、思春期ニキビは炎症を起こすことが多く、ニキビ跡が残る可能性が高いことも事実です。

成長に伴う症状なだけに、根本的な治療法はありません。 生活習慣の改善と対処療法で症状を抑えていきます。 スキンケアも皮脂対策が中心です。 小まめに洗顔し、皮脂を洗い流します。

少なくとも朝晩2回は必要です。 朝は、寝ている間に分泌された余分な皮脂を洗い流します。 夜は、昼間の汚れを洗い落とします。 洗顔の際は、刺激の少ない洗顔料を使用し、泡で優しく撫でるように洗い、強く擦って刺激を与えないようにします。 洗顔後は、皮脂の分泌を抑える効果のあるビタミンC誘導体を含んだ化粧水で水分補給をします。 その後、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など保湿効果の高い美容液やクリームを使います。

化粧品を手に取り、手の体温で温めるように、そして、顔を包み込むように優しく抑えて顔に馴染ませるようにしてください。 手で擦ることは刺激になりますので避けましょう。 また、市販のニキビ薬も皮脂の分泌を抑え、毛穴周辺を乾燥させる働きがありますので、適時利用しましょう。

更新履歴