MENU

思春期ニキビにおすすめの化粧品

思春期ニキビは、成長期の数年間だけのもので、自然に治まるものです。
しかし、たとえ治まったとしても、思春期ニキビは炎症を起こすことが多く、ニキビ跡が残る可能性が高いものです。
成長に伴う症状なだけに、根本的な治療法はありません。
生活習慣の改善と対処療法で症状を抑えていきます。
スキンケアも皮脂対策が中心です。
小まめに洗顔し、皮脂を洗い流します。
少なくとも朝晩2回は必要です。
朝は、寝ている間に分泌された余分な皮脂を洗い流します。
夜は、昼間の汚れを洗い落とします。
洗顔の際は、刺激の少ない洗顔料を使用し、泡で優しく撫でるように洗い、強く擦って刺激を与えないようにします。
洗顔後は、皮脂の分泌を抑える効果のあるビタミンC誘導体を含んだ化粧水で水分補給をします。
その後、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など保湿効果の高い美容液やクリームを使います。
化粧品を手に取り、手の体温で温めるように、そして、顔を包み込むように優しく抑えて顔に馴染ませるようにしてください。
手で擦ることは刺激になりますので避けましょう。
また、市販のニキビ薬も皮脂の分泌を抑え、毛穴周辺を乾燥させる働きがありますので、適時利用しましょう。