MENU

思春期ニキビの原因

思春期ニキビの主な原因はホルモンの影響により皮脂腺が刺激され、皮脂分泌が活発になるのが原因です。
そのため、皮脂腺の多いTゾーンと言われる部分にニキビが発生しやすいことが特徴です。
思春期に皮脂分泌が活発になるのは第二次性徴に伴ってホルモンバランスが変化することが関係しています。
この時期は男性ホルモンの分泌量が急激に増えることで皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を促してしまうのです。
また他にもストレスや睡眠不足、偏った食生活や紫外線などはホルモンバランスを崩す原因となり、ニキビができやすくなるので注意が必要です。
予防としてまず有効なのは紫外線対策です。
紫外線のダメージはニキビ跡の原因になるため、積極的に行っていきましょう。
市販の日焼け止めなどを購入し、鞄に常備するなどして定期的に塗り直しておきましょう。
またたんぱく質とビタミン類を積極的に摂る食生活を心がけましょう。
タンパク質は肌のターンオーバーを促進させ、ビタミンは美容に良い成分として有名です。
脂身の多い肉や炭水化物の摂り過ぎは皮脂分泌を活性化させる原因となるので注意しましょう。